ハゲの初期症状を見逃さないためにできることって?

ハゲの初期の症状を見分けるには?

最近、なんだか抜け毛が増えてきた気がする。頭を触ってみると前と感触が違う。

そんな経験をしてはいませんか?

もしかしたら、ハゲの初期症状が始まっているのかもしれません。

ハゲは気づかない内に進行しやすい症状ですが、ほとんどの場合初期症状のサインは表れます。

初期症状に気づけるかどうかが、その後の薄毛対策を成功に導くかどうかの分かれ目となることもあるんですよ。

では一体ハゲの初期症状とはどのようなものなのでしょうか?

今回は対策も踏まえて詳しくご紹介していきます!

ハゲの初期症状には何タイプある?

まず最初に、ハゲの初期症状にはどんなタイプがあるのかご説明していきます。

薄毛と一言でいっても、症状は人によってさまざまありますよね。

進行具合などは千差万別ですが、ハゲのタイプ自体は大きく以下の3つに分けられます。

  • 頭頂部から薄くなるO字型タイプ
  • 額の両脇の生え際から薄くなるM字型タイプ
  • 前頭部から頭頂部にかけて薄くなるU字型タイプ

以下でそれぞれの初期症状について詳しくご紹介するので、どれに当てはまるか確認してみてくださいね。

頭頂部から薄くなる(O字型タイプ)

1つ目のタイプは、頭頂部から薄くなるO字ハゲのタイプです。

普段は見えない頭頂部からどんどんハゲてしまうため、自分では気づきにくいという特徴があります。

明らかに抜け毛が増えているにも関わらず、パッと見てハゲている症状がない場合にはこのタイプが多いですね。

初期症状としては、「少しつむじが薄くなってきた」と感じる人も多いようです。

また、もう少し症状が進むと、頭頂部を触った時に他の部分よりボリュームが少なく感じてくるでしょう。

額の生え際から薄くなる(M字型タイプ)

2つ目のタイプは、額の生え際から薄くなっていくM字ハゲタイプです。

額の左右の生え際が後退し、それがMの字に似ていることからM字ハゲと呼ばれます。

鏡を見たときに自分でも見えるため、初期の時点で気づきやすいタイプでしょう。

日本人男性に一番多いのも、このM字ハゲと言われているんですよ。

初期症状を過ぎると、先ほどのO字ハゲも併発し両方から薄くなってしまうケースもあります。

前頂部から薄くなる(U字型タイプ)

3つ目のタイプは、前頭部から薄くなるU字ハゲのタイプです。

前頭部から後ろに向かって薄くなった部分がU字に見えるため、U字ハゲと呼称されていますね。

前頭部から薄毛が始まる点はM字ハゲと一緒ですが、U字ハゲの方が頭部全体薄くなっていくという特徴があります。

また進行自体もゆっくりなので、注意深く観察しなければ変化に気づかない人も多いですね。

U字ハゲもO字ハゲと併発することがあり、症状が進むとサイドの髪だけが残った状態になってしまうこともあります。

全体が薄くなってしまう分、初期症状の段階で早めに対策をしなければ、治療がもっとも難しいタイプと言えるでしょう。

ハゲの初期症状を見逃さないためにできることとは?

ハゲの3タイプについてご紹介してきました。

3つに共通しているのは、ケアをしなければ症状はどんどんと進んでしまうということです。

つまり初期症状が出ている時点で対策を始めることが、進行を止めるカギになります。

続いては、初期症状を見逃さないためのコツをご紹介していきましょう。

毎日抜け毛をチェックをする

1つ目のポイントは、毎日抜け毛をチェックすることです。

抜け毛の本数はもちろん、抜けた髪の毛の状態も観察してみると、ハゲの初期症状が始まっているかどうか判断しやすくなります。

では抜け毛はどれくらいあってどのような状態だとハゲの初期症状と言えるのか、詳しく見ていきましょう。

抜け毛の本数

まず、朝起きた時には枕についている髪の毛を見てみましょう。

数本程度であれば問題ないですが、10〜20本以上抜けている場合は注意が必要です。

また、入浴後は毎回お風呂の排水溝をチェックするのもおすすめ。

シールタイプのフィルターを取り付けておくと、どれくらい抜けているのか、大体の量が分かりやすくなりますよ。

1日に抜ける、正常な抜け毛の量は100本前後までと言われています。

抜け毛の量が100本程度であれば、健康な髪の毛でも普通に抜ける量なので問題ありません。

しかし、総本数が明らかに100本を超えると自覚できる場合は、ハゲの初期症状が始まっていると考えられるでしょう。

抜け毛の状態

ハゲが気になり始めたら、抜け毛の大まかな本数は多くの人が確認しますよね。

しかし、初期症状が始まっているかどうか判断する際には抜け毛1本1本の状態も確認しておきたいところ。

抜け毛が太く、先端部分の毛根が半透明でマッチ状に膨らんでいる場合は、正常な抜け毛である可能性が高いでしょう。

反対に毛根が黒くて膨らみがなく、毛先まで同じ太さであればハゲの初期症状である可能性があります

このような形状の髪は、栄養が行き届かず成長しきる前に抜け落ちてしまったというサインです。

抜け落ちた髪の毛をいくつか見て、太さと毛根部分の色が正常かどうか確認してみましょう。

薄毛の進行の様子を撮影する

ハゲの初期症状にはさまざまな特徴がありましたね。

しかし自分の姿は毎日鏡で確認するだけに、微々たる変化には気づけないことも多いですよね。

本当に初期症状が始まっているのか、ハッキリと確かめるには写真撮影するのがおすすめ。

自分が写っている昔の写真があれば、当時と現在の姿を写真で見比べてみると薄毛の進行具合が分かりますよ。

また、定期的に気になる箇所の撮影をしておくと、客観的にハゲの症状が見えるようになります。

薄毛を少しでも感じたらクリニックへ行く

もし、ハゲの初期症状に気づいたら薄毛の専門治療を行っているクリニックに行くことをおすすめします。

初期症状なのにクリニックはまだ早いんじゃ…?と思われるかもしれませんが、クリニックではハゲの進行予防に適した治療薬も取り扱っているんですよ。

特に予防から、積極的な発毛まで症状に合わせて豊富な治療薬が選べるAGAヘアクリニックがおすすめ。

AGAヘアクリニックでは、診察料は無料で必要なのは最初の血液検査代と薬代のみ

進行の予防が目的であれば、承認薬と栄養素を独自にブレンドしたオリジナル治療薬が5,500円から処方されます。

2回目以降はオンライン診療も採用しているなど、通院しなくても治療が受けられる体制が整っているのも嬉しいですね。

オンライン、対面共にカウンセリングは無料なので、気になる点があれば一度相談してみてはいかがでしょうか?

公式サイトはこちら

ハゲの初期症状が見られたらすべきこととは?

クリニックでは効果が認められた薬を用いて治療を進めていくことができます。

そのため対策としては一番高い効果が期待できるのですが、どうしてもハードルが高く感じてしまう方も多いでしょう。

とは言っても、放っておくとどんどん症状が進んでしまうので、まずはセルフケアを行っていくことも大切。

初期症状が見られた時におすすめしたいケアは以下の4つです。

  • 育毛剤を使用する
  • 発毛剤を服用する
  • 育毛シャンプーで洗髪する
  • 生活習慣を改善する

クリニックに行けない方、手軽にケアを始めたい方はぜひチェックしてくださいね。

育毛剤を使用する

まずご紹介するのは、育毛剤を使用したハゲ対策です。

薄毛の発症には、頭皮に炎症やかゆみなどの頭皮トラブルが伴っていることも少なくありません。

健康的な髪の毛を生やすためには、健康な頭皮であることが必須です。

育毛剤には主に頭皮の環境を整える成分と、髪の毛の成長を促す成分が配合されています。

医薬品に比べたら劇的な効果をもたらす物ではありませんが、ハゲの初期段階で使えば抜け毛の予防に効果的ですよ。

おすすめの育毛剤をいくつかご紹介するので、ぜひこちらも参考にしてくださいね。

イクオスEXプラス

まずご紹介するのは、2019年10月にリニューアルされたばかりの育毛剤、イクオスEXプラス

配合成分は124種類と育毛剤業界内でも最多(※)となっており、豊富な成分が様々なハゲの原因にアプローチします。

(※ 日本マーケティング・リサーチ機構調べ 調査概要:2019年7月1日〜2019年8月2日_実績調査)

さらに配合されている独自成分アルガス-3には、高い保湿力と頭皮に働きかける効果が期待されています。

アルガス-3は臨床試験協会によって効果も実証されており、高い育毛評価を獲得!

エビデンスが存在しているので、かなり信頼性の高い育毛剤と言えそうですね。

定期購入はお得な価格になる上90日間の返金保証が付き、試しやすい体制も整っていますよ。

気になる方は、ぜひ公式サイトから詳細を確認してみてくださいね。

公式サイトはこちら

ポリピュアEX

 

2つ目の育毛剤は、ポリピュアEXです。

ポリピュアEXのポイントは、独自成分のバイオポリリン酸を配合していること。

ナノサイズまで小さくなった酵母由来のエキスで、頭皮の奥へアプローチ。

髪の毛が成長するために必要なたんぱく質の働きをサポートし、抜けにくい髪へ導く効果が期待できますよ。

さらにバイオポリリン酸と相性のいい低分子のコラーゲンが、頭皮をしっとりと潤します。

乾燥した頭皮は硬くなり外部からのダメージにも弱く、髪の毛が抜けやすい状態となっています。

ハゲの初期症状には潤すケアも大切なことなんですよ。

有効成分も4種類と充実しているので、成長促進にしっかり期待できそうですね。

公式サイトはこちら

発毛剤を服用する

育毛剤はあくまで現在生えている髪の毛を強くし、生えやすい頭皮環境に整えるものです。

初期症状の薄毛には効果的ですが、ハゲが進行している場合には育毛剤だと不十分かもしれません。

もし、すでに症状が進んでいるのであれば発毛剤の使用がおすすめです。

市販で購入できる発毛剤の中でもおすすめなのが、スカルプD メディカルミノキ5です。

新しく髪を生やす効果が認められているミノキシジルを、限界濃度である5%を配合。

ミノキシジルは、男性型脱毛症の治療の際に使用するのを強く推奨されている医薬品なんですよ。

ハゲの初期症状に対して、育毛剤よりも積極的にアプローチしていきたいとお考えの方におすすめです。

公式サイトはこちら

育毛シャンプーで洗髪する

3つ目の対策としておすすめなのは育毛シャンプーです。

育毛シャンプーは育毛剤や発毛剤のように、髪の毛の成長に直接働きかける有効成分が配合されている訳ではありません。

育毛シャンプーの役割は頭皮を清潔に保ち、抜け毛の原因となる頭皮トラブルを予防するというもの。

多くはマイルドな洗浄成分を配合し、肌への負担を減らしながら洗い上げることができますよ。

そのため、かゆみやフケでお悩みの方、今のシャンプーが合わないと感じている方におすすめですね。

また、髪の毛が成長しやすい健やかな土台へと整えるので、育毛剤や発毛剤と一緒に使用するとより効果的でしょう。

生活習慣を改善する

ここまでは頭皮に直接行うケアをご紹介してきました。

最後に、ぜひケアの一環として行っておきたいのが、生活習慣の改善です。

生活習慣が直接ハゲの原因となっているケースは少ないと言われています。

しかし、栄養不足やストレスなど日常に潜む要因が、ハゲの初期症状を悪化させてしまうことはあります。

まずは、身の周りの習慣から見直してみることから始めましょう。

食生活を見直す

まずは、髪の毛の成長にかかせない栄養素を摂るために、食生活を見直しましょう。

髪の毛の成長にとって、とくに必要な栄養素はビタミン・亜鉛・たんぱく質の3種類です。

たんぱく質は体の器官を作る栄養素ですが、髪の毛のほとんども実はたんぱく質が分解されたアミノ酸で出来ているんですよ。

またそのたんぱく質を髪の毛に作るために必要な亜鉛、栄養素を運ぶ血管や頭皮の健康を保つためにはビタミン類も欠かせません。

どれか1つ不足していても、髪の毛の成長は阻害されてしまいます。

毎日3食バランスよく食事を取ることを心がけてみてくださいね。

睡眠を十分に取る

続いて大切なポイントが、睡眠を十分に取ることです。

睡眠時には、たんぱく質を合成する役割を持つ成長ホルモンが多く分泌される時

成長ホルモンというと身長を伸ばす物質というイメージが強いですが、髪の毛の成長にも関わっています。

睡眠が不足すると、この成長ホルモンの分泌が滞ってしまいます。

十分な睡眠時間を確保するのはもちろん、深い眠りにつくことで成長ホルモンの分泌を促すことができますよ。

良質な睡眠を取るためにも、寝る前は心身がリラックスできる環境へ整えてあげるといいでしょう。

有酸素運動を定期的に行う

最後にご紹介するのは、有酸素運動による対策です。

食事から摂った栄養素は血管を通って頭皮まで運ばれていきます。

そのため、血行が悪いといくら栄養を摂っても髪の毛が成長できなくなってしまいます。

頭皮を指で触っても動かないほど硬くなっている時は、血行が悪くハゲやすい状態と言えるでしょう。

有酸素運動は血行を促進することに特化している運動なので、ハゲの初期症状の対策としてはとてもおすすめ。

またストレスの発散にもなり、健康な頭皮を保つためにも適していますよ。

軽く体を動かすだけでも効果的なので、出来る範囲から取り組んでみましょう。

まとめ

今回は、ハゲの初期症状と対処方法についてご紹介しました。

ハゲは初期の段階であればあるほど、改善しやすい状態。

自分のハゲ症状に気づいたときが、薄毛治療に取り組むタイミングです。

初期症状のサインが少しでも見えたら、ぜひ早めにケアをスタートさせましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です